FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の手術

 母の手術の付き添いで、休みを取って、実家に帰りました。

 八十を過ぎたあたりから、膝が痛かったらしいのですが、コラーゲンやら何やら注入をしても良くならない。よくよく調べれば、膝の軟骨がほとんどなくなっていたようです。
 
 手術は膝に人工骨を埋め込むもの。それ自体は難しいわけではありませんが、なにしろ手術ですから、リスクはあります。
 今年米寿を迎える父では頼りないと判断した医者の要請もあって、手術の付き添いとなりました。

 9時半には手術室に入りましたが、終了は13時半、きっちり4時間はかかっての手術です。
 3時間を超えると、隣に座っていた父の緊張が高まって、不安そうにしているのが、ちょっと切ない感じ。
 無事に手術が終わったことを聞いた父は、一気に緊張がゆるみ、お医者様に深々と頭を下げ、「良かった」と涙を流しました。

 本当に、今まで頼ることが多かった親が老いていくのは、切ない。
 離れて住む身としては、せめて父と母が一緒に過ごせることがありがたいことだと思っています。

 二人とも、持病はあるし、まるまる健康とはいきません。
 父も腰椎骨折を繰り返し、足元が多少危ない。母も、今後はリハビリを行い日常生活に支障はなくなるものの、正座はできないという、制約の中での暮らしです。(でも、二人とも杖はいやだと言って使いません。)
 まあ、意識はしっかりしているし、生活のリズムを自分たちに合わせ、ゆるゆると暮らしていられるのが、ありがたいことだと思っています。

 お医者様は、1か月程度のリハビリのための入院と言ったのですが、母は「そんなに入院していないわよ」と強気です。

 止まることができなかったので、家まで送った後の父の姿は寂しげでした。

 出来るだけ、電話をしたり、時間は短くとも実家に帰ろうかと思っているのですが、仕事とのバランスが悪い。
 可能なところでやっていこうと思います。

 老々介護が他人事ではなくなってきました。
 一病息災、自分の体にも気を配っていこうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。