061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リテラシーと喧嘩の進め

 本日は、演劇はお休み。
 本業関係で出勤、仕事しています。

 今時の若人たちは、結構人のうわさに敏感です。
 で、トラブルになると、逃げる。
 相手に怒るより、相手と目を合わせずに、○○とは口もききたくないから、自分はもう家から出たくないなどと言います。

 おばさんとしては、それってどうなのと言いたくなります。

 だって、噂は真相を確かめないとだめでしょ。
 ○○が本当に言ったのか、伝えた誰かの脳内返還により、言っていないことが言ったことになっていないか、見えている情報ははたして事実かどうか、見えている情報がその内容のすべてを表しているのかどうか・・・。
 広まれば噂だけど、一時的にそのことを話していただけなら話題というだけの話。

 さて、事実はどこに?

 自分は商売柄、若人に情報はリテラシーが大事と、唱えるように言っています。
 見えているものは、事実であっても真実とは言えないものかもしれない。
 伝える中に主観が入れば、事実は客観的なものとは異なってしまう。
 何を見なくてはいけないのかを考えたら、その一瞬や一面でわかった気になってはいけないということです。

 さて先日、Aに事実じゃないことを言いふらされたと泣いている娘一人。
 もう家に帰りたいといい、大事な勉強の場に出ようとしません。
 泣いている若人から言いふらされたと言っている事実を聞けば、?と思うことばかり。

 だって、言いふらされた内容が、Aに確認した言った内容と合致しない。
 Aは前日の出来事を仲間に話したと言っている。
 その話したところを通りかかったBが娘に「言いふらしている」と言った。
 Aが話した仲間は、泣いている娘が不本意だと思っている噂の中の当人。
 これをBが娘に「言いふらしている」と告げても、なんだか変でしょ。
 まして、そこから始まる噂っていっても、たかが10分では噂になりようがない。
 泣いている娘に、リテラシーをするべく聞き取りをすれば、結局思い込みでAを悪く言う人が
 かかわり、娘の思い込みが膨らんでという構図が見えてきました。

 というわけで、結局、Aが話した相手と仲介した相手に聞かないと、伝言ゲームのように言ったことが最後には異なったことになるという確認が取れ、だとしたら、いきなり最初の相手を悪者にして背を向けてしまうやり方は妥当な対応ではないねということを、娘に納得させました。
 
 でも、ほとんどのうわさについては、そんなに簡単にリテラシーはできません。
 それでも、何が事実か、そこにある真実は何かを考えることをやめて、悪人を決めつけ、被害者と加害者の関係で事を納めるのは、ちょっと安易すぎると思うのです。

 泣いている娘に伝えことは「被害者の顔して、家に逃げ帰るのはやめなさい。きちんと相手を見て、喧嘩をしなさい。いやなことはいやと伝え、怒りをきちんと伝えなさい。それがコミュニケーションでしょ。」ということ。

 なんだかね、事が起きた時に、被害者になって、誰かを悪者にして、被害者同盟を作っていきたがる人の、逃げの姿勢がいやだなって思うんです。

 怒ることも喧嘩することも、もちろんリテラシーすることも、みんなパワーが必要です。
 でも、自分が自分らしく生きるためには、そのパワーって必要だと思うんですけどね。

 匿名性が高くて読みづらい文でごめんなさい。

 まあ、人生、リテラシーと喧嘩は大事だということでした。



 



スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

No title

こんにちは。

>今時の若人たちは、結構人のうわさに敏感です。
>で、トラブルになると、逃げる。
これって、なんかわかるような気がします。
自分をいつも安全地帯に置きたがるせいかもしれません。
なのに、被害者になると過剰に被害者面してしまう。
それと、厄介なのがちょっとした事を大きく言いふらす輩。
まるで人の揉め事を楽しんでいるような感じさえうかがえます。

喧嘩は大事だと思います。
思っている事を言い合うのは、お互いの誤解を解消できるかもしれませんから。

でもこれって、若者だけじゃなくて大人にも見受けられますよね。
コミュニケーション力は、子どものころから養っていかないと大きくなるにつれて難しくなりそうです。

演劇の方も大変そうですが、これから受験シーズンに入るので精神的、肉体的にも無理をなさらぬよう宜しくお願いします。

No title

コメント、ありがとうございます。

そうですね、大人にも言えるかもしれません。
事なかれで済ませて、喧嘩はおろか、意見を戦わせることもしない風潮が見られます。

思いを伝えることを、もっと大事にしてほしいなと思います。

ちなみに、この件は、被害者側の娘の思い込みが原因だったと分かり、和解しました。
でも、互いに反省すべきことはあるねという話で締めくくりです。

もっと、伝えたいと思ってほしいなと思うおばさんなのでした。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。