FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇っ子たちとの2ヶ月でした。

 ずいぶんと、このブログも放置したままになっていました。
 忙しいは理由になりませんね。 反省・・・。

 ご無沙汰しています。
 秋は演劇のシーズンということで、やたらと忙しい毎日を過ごしていました。

 夏の「創作劇」の県大会では3位相当の賞をいただきました。
 応援いただいた関係の皆さまには、本当に感謝の一言です。

 秋に演劇っ子たちが所属している学校の文化祭があり、本年度より、演劇の舞台をきちんと見せようということになりました。

 自分が言い出したわけではありません。でも、今までは、力を尽くした合唱コンクールの後の演劇の発表でした。
 そんな状態で、舞台に対し、観る側の集中が続くわけもなく、私語も多く、けっこう観る状態ではないのが続いていました。

 それは無理のないことでもあるので、仕方ないと自分は思っていましたし、どうしても観ている人の指導が大変というなら、別に文化祭に発表しなくとも、そこから一週間先に文化会館で県大会予選があるので、そちらに来てくれれば構わないと思っていました。

 でも、大ボスは言うのです。
「自分から演劇を観に行く子がたくさんいるわけではない。予選の発表会の日に、部活動で行くことのできない生徒も多い。ぜひ、生徒全員にきちんと発表を観てもらいたい。」

 ということで、今年は2日間の日程で、1日目は選抜合唱団の合唱と演劇の発表となりました。

 さすがに、力尽きているわけではないので、今年の鑑賞態度は例年になく良く(それでも男子の一部は指導されていましたが)、多くの方々に観ていただくことができました。

 何より例年と違ったのは、演劇っ子の担任をしてくださっている先生方が、きちんと観てくれた事です。ストーリーもわかり、演技もきちんと受け止め、おかげでたくさんの賞賛の言葉をいただきました。

 「今まで、こんなにきちんと観たことがなかった。」とみなさん口々におっしゃり、そのうえでの「素晴らしかった」ですから、身内フィルターがかかってのお言葉とは思いますが、演劇っ子たちをきちんと観てくださったことはありがたく、賞賛とともに県大会予選への応援の言葉も重なり、うれしい限りでした。

 「泣けました」と言ってくださった方も多く、(そんなに泣くような作品ではないのですが、)「心を揺さぶる作品を作りたい」とたった一人の3年生として頑張っていた部長が常に言っていましたので、その意味においてもありがたかったです。

 さて、一週間後の土曜日には県大会予選がありました。
 他校も頑張りを見せ、最後どちらにということでもめたそうですが、結局うちの演劇っ子たちが県大会出場の推薦をいただきました。

 ここ3年間、秋の県大会は選ばれていなかったので、選ばれたことにホッとしました。
 普段、感情を表に出すことのない部長が、推薦が決まった途端泣きだしたのも意外であるとともに、それだけの思いが詰まった舞台だったのだと、改めて思いました。

 というわけで、忙しかったのですが、かかわっている若人にたくさんの感動ももらい、体も心も忙しい2ヶ月でした。


 県大会は12月最初の土・日曜ですが、その前に地域の小さなお祭りでダンスとショークワイアをやります。
 今は、舞台をちょっと小休止して、もっぱらダンスと歌のレッスンです。
 
 相変わらず、休みのない日々ですが、とりあえず動けるうちは動いていこうと思うこの頃です。

 ブログも、もう少し頑張っていこうと思います。
 また、よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。