FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開リハ、終了

 演劇の県大会参加作品の公開リハーサルが終了しました。

 書くときは、若人の持ってきたものをいかに作品として作り上げるかを考え、また、登場人物が少ない作品に、サークルに属しているみんなに役を振るとしたらどんなものになるかを考えていたので、いざ書きあげて作品となると、思いがけない課題が見え始めます。

 まず、テーマがたくさんありすぎること。
 親子関係、友情、いまどきのSNSでのつながり、進路・・・。
 そして、結論は結びではなく始まりというテーマに対して不明確なまとめ。

 もともと大道具、小道具なしでやるつもりだったので、大道具のパネルのありようが(意味はありますが)あまり有効ではないかもしれないこと。
 エアでできれば格好いい様々なことを小道具を足したために、かえってウソっぽくなったのではないかということ。
 そして殺陣。
 格闘(というほどではないけど)のシーンがあります。
 押して倒す、それだけなんですが、もう難しい。本当に押すと危ないので、押す手に合わせて倒れます。
 押す方にも、押される方にも技術が必要。でも、だれもそんな技術を知らない。TVで聞いたスタントの知識を総動員して練習、練習、練習、また練習です。
 でも、昨日の稽古では、しるしをつけた舞台っ面から押された子が落ちました。
 倒れる方の筋力のなさから、腰で自分を支えることができず、結局膝を打つ子が続出。さしたる場面でもないのに青あざだらけの若人たち。
 演技って、難しい。

 でもまあ、そこそこ集約はできているので、いいかみたいな。
 でも、とっちらかったテーマへのアプローチは、書いた自分が一番不安です。

 もう一つ不安は、みんな動きとせりふが大事になっていて、言う相手への愛情が希薄に見えること。
 首から上だけの、口先だけの演技になっているようで、それも不安要因です。

 公開リハのお客は、ほとんど若人の保護者や知人です。
 内容を見るより、役者をみて、がんばっているなと納得して帰ります。
 だから、評判は悪くないけど、中身はどうなのって聞き返したい感じです。

 でも、観ていた方の中に、「途中でウルッときた」「感動しました」「いい話だった」と言ってくださった方もいらしたので、それを支えに、闘いのリングに上がろうと思います。
 あの斉藤俊雄先生も見に来ているんだよな・・・と思うと、ちょっと緊張です。



 さて、本番は明日。
 準備をして、後は本番を待つばかりです。
 がんばれ自分!
 がんばれ若人!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。