FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏だけど幽霊話

 図書館には色々な人が来ます。いろいろな話が入ってきます。

 「家に帰りたくねぇ。」
 「なんでよ。」
 「見えんだよ。」
 「何が。」
 「赤い服着た女だよ。」
 「誰、それ?」
 「知るかよ。でも金縛りにあうし、声も聞こえるし、気持ち悪くてどうしようもねぇんだよ。」
 「って、幽霊かよ。それ。」

 身長は180cm位あろうかという男の子が、怖がっている。
 怖くて眠れないから、いらついている。

 はっきり言って可愛いです。

 簡単な幽霊よけの方法を教えてあげました。

 で、以前はそんなことが無かったようなので、それは物についているかもしれないよと大掃除を勧めました。
 自分が十代のときに見た一番嫌な幽霊は、その後飾ってあった人形類を整理し、何だか嫌な気がするものを全て焼却ゴミにすることででなくなりましたので、きちんと片付けたら出なくなったので、その話をしました。
 鎌倉に住んでいる知人が、引越しをしてしばらくはラップ現象に悩まされていましたが、思い切りの良い方だったので、部屋を大掃除し、壁は全て白く塗りなおし、押入れをオープンにして部屋に陰をなくしてしまったら現象が無くなったという話をしていたので、部屋を綺麗にして気をためる隅を作らないことも勧めました。
 その子のおうちは辻の奥まったところにありますので、ただでさえ気が溜まりやすいんです。だから空気が流れるようにして、部屋に気がたまらないようにと教えました。
 霊は、彼には何もしないそうですが、部屋にいたり階段ですれ違ったり、気持ち悪いんだそうです。
 以前、恩師のお坊様に助けを呼ぶならこの呪文と教わったものがあるので、それも教えました。
 「南無阿弥陀仏」
「南無」は呼び出しの呪文です。
呪文で唱えるのですから、漢字で言わなければ効力はありません。
「阿弥陀仏」は衆生を救ってくれる仏様ですから、呼べば来てくださるというわけです。
 自分は、その言葉で金縛りの時は助かっています。
 知らなかった時は、霊的な金縛りの時は見ました、色々なもの。

 そんな話を傍で聞いていた男性は
「まったく、想像できない。理解できない。」と言っていました。
 そうだろうなと思います。
 見えるから何?って、実は何もないです。
前世がわかるわけでも、話を聞けるわけでもありません。
だから、よけいに嫌です。自分としては見たくありません。
でも、気を抜くと見えます。

 昔、父に言われました。
「言いたいことがあって出てくるんだから、聞いてあげなさい。」
 祖母にそういう力があったので、霊的な力は何も持っていない父ですが、出来事には寛容でした。
 でも、思いました。
 きけるか、そんなん! 怖くてやってられないよ!!

 怖くて寝れない男の子の気持ちは凄くよくわかります。
だって、おかげで自分は、高校時代は電気つけていないと眠れませんでしたから。部屋で見る時間帯がほぼ決まっていましたから、その時間をどのように過ごすかも自分にとって大変な問題でしたから。

 果たして、アドバイスがどのくらい有効かはわかりません。
 でも、少し心がが楽になって眠れるといいですね。
 本格的な除霊は自分にはできないので、本職を進めますが、悪意が無いようなら、とりあえずでも大丈夫じゃないかと思います。

 来週は旅行的イベントで京都です。
 京都は戦乱の都です。霊感のある方々、無事に行ってこれるといいですね。

 自分ですか? そういう場所を避けて通りますので大丈夫でしょう。
ホテルも比較的新しいですしね。

 男の子がききます。
「そういった霊ってサ、地獄にも極楽にもいけずに転生もできないってこと?」
 おそらくそうなのでしょうね。
 本当に地獄があるか、極楽があるか、来世があるかわかりませんが、そこに留まっているということはどこにもいけないと言うことですから。

 だから、考えます。
 せめて自分の人生は良くも悪くも、きちんと終わりを迎えられるように日々を積み重ねていかなければいけないんだろうなと。
 無いかもしれない、でもあるかもしれないなら、やはり良い方へ向けて終わりを迎えたいしね。

 たかが幽霊話ではありましたが、へこんでいてもダメジャンと、どこかで誰かがエールを送ってくれているような気がして、ちょっと上向き。
 って言うか、こんな話で上向きになれる自分って単純だなぁとつくづく思います。

 世の中の浮かばれない霊が、どこかで思ってくれている誰かに気付いて、皆幸せに昇華できるといいなぁ。
 アッ、これって大河内ひまわりが入っていますね。

 今日は晴れています。
 きっと富士山見えますね。お山の上にいる神々にちょっと男のこのことをお願いしながら、今日も一日頑張ります。
 
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記

コメントの投稿

secret

top↑

comment

先日は突然おじゃましました。送信してから、「あら、ご挨拶もなく突然書き出してしまっていたわ。」と気づいた始末。実は書き込み初体験でした。
5月の京都は新緑がきれいで、清々しくて良いですよね。天候がちょっと心配ですが、2泊3日が無事に過ごせますよう、陰ながらお祈りしています。

こんにちは♪
>「そういった霊ってサ、地獄にも極楽にもいけずに転生もできないってこと?」

これってそうなんですね。
私は全く親族にも自分にも霊感たるものを感じるということがないのですが、霊感とか幽霊さんの話は信じています。
なので、という訳でもないのでしょうが、大人になってからでもお化け屋敷とかにも入れませんし、映画でもテレビでもオカルト物は、恐ろしくって瞼に焼き付いて眠れないので、見ないようにしています。
オカルト映画を作る時には、スタッフ全員でお祓いやどこかの神社とかにお参りもするそうですものね。
霊をただ恐ろしがるのではなく、自分もこの世に思い残すことがあって、霊になってふらふらして成仏できないのは悲しいので、自分の最後の死を周りに感謝してありがとうございます。と言えるために…前向きに頑張ろうって思っています。
(思うだけで…一番身近な家が片付いていないんですよ。泥棒に入られてる訳でもないのに…なんですよ;汗)

私は全然霊感ってないんですよね。
昔、金縛りにあったことが1度だけありますが
疲れでも金縛りになるって言いますし。
霊感は全然ありませんが、幽霊は怖いです^^;

わたしは、見えません。
でも怖いです。
怖いので、考えないようにしています
その分、少しでもまじめに生きます←ここで誓う副社長です*^^*

さえママ 様

 いいえ、どなたかわかるので、嬉しかったです。
 はっきり言って職場はさえママがいないだけで、各自やること五割増みたいな状態の2年間です。旅行もその意味で大変で、何だか毎日9時過ぎまで仕事をしています。
 でも渡月橋近辺の担当になり、比較的余裕の時間もあるので、嵯峨野の竹林を歩いてこようかなと思っています。
 晴れるといいな。

紅緒 様

 実は夫もこの手の話は怖いらしくて聞こうとはしません。ホラー映画も見たがりません。
 見えたから何ということは無いので、とりあえず寄り付かれないようには思いますが、我が家も気の溜まる場所はたくさんありそうで、ちょっとやばい感じです。
 日曜日に掃除して片付けます。

バーマスター 様

 怖いのは、残っているのが相手の思いだからでしょうね。
 はっきり言って、自分も怖いのであまり見たくは無いです。で、なりたくもないなぁって思っています。

副社長 様

 話ではみたいと思っていると、霊と呼応するものがあって見えるということもあるそうです。
 見ないほうが幸せです。
 だって、自分が見えるのは守護霊とかではないようなので、やっぱり怖いですから。

コメントありがとうございます。

霊?レイ?
つい最近、目の前を白い霧のようなものが
通り過ぎていきました。
写真にオーヴと呼ばれる赤い光の点が
映った事も。
でも、その後ベツダン何にも起こりませんでした。。。
怖がることはないのかも。

霊は・・・見えませんね。霊にも嫌われているんでしょうか?(笑)でも、見てしまったら、人間変わっちゃうような気がします。
京都ですか。年中混雑しているというイメージしかありませんが、大覚寺から直指庵までの竹林が、自分は1番好きです。気をつけてお出掛け下さい。

千葉北子 様

 そうなんです。だからといって何が起こるわけでもないので、怖がる必要はないと思います。
 でも、気味が悪いと言うことはありますよね。

ギターオヤヂ 様

 大覚寺、行きたーーい。時代劇ファンならはずせないところですよね。今回は天竜寺近辺の竹林を見てきます。人が少ないと良いな。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。