0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

date :2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人時間はステキ

  眠いです。
  何でと思うほどに、眠くて、気づくと机に 伏せっています。
  きっと、気圧の変化や疲れによるものだとは思うのですが・・・、どうなんでしょうかね。
 

  このところ、夜、眠れなくて、4時には目が覚めます。
  で、何をするかといえば、たとえば台所の洗いものをきれいにして、夕飯の支度をしたり、遊びのような調理 をしたり、家人は見たがらないDVDを見たりしています。(我が家はヒューマン系は自分しか見ないので。)

  先日は、自分以外に食べる人はいないよなと思いながら、新ショウガときゅうりのそれぞれの甘酢漬けを作り
 ました。夜の酒の肴になりました。さっぱりして美味しかったです。
  その時間に作ろうと、ホットケーキの準備もしてあります。
  出来ればぬか漬け床を作ろうと、もくろんでいます。
  実は、前回のブログの梅漬けも、朝の時間です。

  誰の世話もしなくていい時間は、夢のようにゆったりと流れていく気がします。
 
  別に家族と居ることが負担なのではないのですが、自分の好みに、自分の思い通りに時間を使って何かをする
 ことは、家族や仕事を持っている身には、贅沢な時間の使い方だと思います。
  朝だと疲れて動くのが嫌ということもないので、楽しむ程度に色々なことが出来ます。  

  ネックは、昼間突然訪れる猛烈な眠気。
  仕方ないから、15分くらい寝て復活です。

  昨夜と今朝、扁桃腺が腫れていたかったので市販の風邪薬を飲みました。
  本日の眠気は、いつもが雨なら嵐並みでした。
  何回か15分の仮眠を取って、今は復活状態です。

  それでも、今朝も早く起きたので、ご飯は仕掛けてあるし、サラダの材料もOKなので、後はメインデッシュ
  の算段をして、本日は早めの退勤をしようと思います。

  運転中の眠気だけは勘弁してほしいよね。 安全運転で帰ります。

  早く帰ると、家人が帰ってくる前に、30分から1時間程度ですが、あの一人きりの贅沢時間が持てます。
  買い物の中にビールを入れて、夜の贅沢時間に向かいます。



  一人って、時々幸せだよね。


スポンサーサイト

テーマ:独り言
ジャンル:日記

ストレスは美味しさの元?

 梅雨時の空気の感じは嫌いじゃないけど、気圧の関係で喘息が出やすくなって困ります。

 さて、6月も中旬を過ぎましたが、スーパーに行くと梅のいい匂いがします。

 というわけで、ここ2年作れなかった梅ぼし作りです。
 今年の梅仕事は1kg ずつ、4つのものを作りました。

 最初の1kg は、カリカリ小梅。
 小粒の青い梅を、力を入れて塩でもんで作ります。
 手が痛くなるくらい揉んでいくと、梅の緑が鮮やかになり、翡翠のようなきれいな色になります。見ていて、嬉 しくなるような色です。
 今年は、某TV局の料理テキストから、新しいやり方でチャレンジしています。
 それは、ジッ○ロックを使っての漬け込み。
 重石を何もしないで、袋の梅を1日2~3回ひっくり返して梅酢を上げていきます。
 とりあえず、小梅は出来上がりました。
 本日の弁当の真ん中に2粒入れました。
 手作りの梅があると、お弁当の時がとてもうれしいものになります。

 さて、次の2kg は、それぞれ大きさも完熟度も違うので、まだ青さの残る中くらいの大きさの1kgは早めに、カリカリ梅と同様につけました。
 あとの1kgは、きれいに色がついた南高梅で、すごい大粒なので、上記よりも3日遅れて同様につけました。
 ともに梅酢が上がって来ましたので、今週中に大粒のは赤紫蘇を入れて赤い梅干しにします。中くらいのはそのままの、赤くない梅干しにしようと思います。

 残りの1kg は梅ジュースです。
 ちょっと、茶色い部分もありましたが、それらをのぞいて、お砂糖と蜂蜜で漬けこみました。
 やっと砂糖が溶けてきた感じです。
 毎日かき回しているのですが、塩より砂糖の方が溶けないですね。

 ということで、合計4kg の梅仕事、後は毎日袋をひっ繰り返して、梅雨明けの晴天日を待つばかりです。


 こういった、一見手間がかかるようでかからない仕事は好きです。
 でも、この梅仕事の問題点は旬があること。それを逃すと、後1年待たなければなりません。
 今年は梅がうまく手に入って良かったです。

 でもね、実はこういうことをやりたくなるのは、なんとなく現実逃避をしたかったりする時なんです。
 ストレス、溜まってんのかなぁ・・って思いますね。

 先日、大ボスが「シチューさん、そんなに働いていてストレスだってたまるでしょ。どう対処してるの?」と聞くので、「うーーん、(自分のストレス、またはストレッサーを)見て見ぬふりをすることかな。」と答えて、ああ、そうだったのかと思いました。

 そんなに働いているわけではないのですが、ストレスに気づかないうちに胃がボロボロなのは、わざと鈍感に過ごしていたからなんだと、自分の言葉で気づくところが、すでにだめじゃんと、だれかにつっこまれそうです。

 ともあれ、梅干作ってストレス解消なら、そのままおいしい話です。
 梅干し、美味しく出来上がるといいな




テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

やっと一息

 関東も梅雨入りとなりました。でも、雨はそんなに降っていない感じです。

 五月までは、例年とは異なる忙しさでした。
 職場における立ち位置がちょっと違って、チームリーダーみたいになったのですが、なってみると書類作成の仕事と会議の嵐で、えっ、これも自分?というような仕事がてんこ盛り。
 初めての役だけに手際も悪くて、でも後手に回るのは嫌なので、結局夜の10時帰宅の日々が続きました。

 体のほうは、薬が効いていて楽にはなりましたが、でも治ったという感じではありません。
 繊維筋痛症のほうは痛みが小さくなって、一日の中で、背中やお腹、二の腕や腿に張っているいるなという感じはあっても、痛くて他の事が出来ないということはなくなりました。
 また、胃痛のほうも痛みで立っているのがやっとということがなくなりました。

 先月半ばに胃カメラを飲みました。
 麻酔に近い鎮痛剤で胃カメラを飲むのですが、意識朦朧の中で、のどを通らなくてその痛みから口にくわえているマウスピースを外してしまうような暴れ方をしたのがわかるほど、自分はどうも胃カメラを飲むのが下手のようです。
 医者から「覚えていますか?」と聞かれて「なんとなく」と応えましたが、けっこう暴れたんだろうなと思います。恥ずかしいぃぃ。

 で、結果ですが、医者の開口一番「ひどいね。でも癌じゃないから。」がすべてのような気がします。

 写真を4枚いただきましたが、まともっぽいのは胃の入り口付近だけでした。
 胃の中の2枚は、壁面がやたら赤くただれて、まるでじんましんの時の皮膚のようです。
 胃の最後、十二指腸の入り口には、くっきりはっきり大きな潰瘍が。
 二年前にも、同じ医院で胃カメラを飲んだのですが、そのときよりはるかに大きい潰瘍です。

 今回の診察は、かかっている別の医院で、あまりにも胃痛が続くので胃カメラで診てもらうようにという指示があったからでした。
 結局「これはひどいね。痛いと思いますよ。」「でも、まあ、あなた潰瘍体質だから。」「薬だしますから、飲んで様子見てください。」「ただれがひどいので、一応細胞検査をします。二週間後に来てください。」等々言われて、救いは「癌じゃないですから」の一言だけで、胃はボロボロであるということがはっきりした検査でした。

 ちなみに、胃や肝臓が悪いと舌が荒れたりむくんだりしますよね。胃痛がひどい時は、舌の状態もそれはひどいものでした。
 薬を飲み始めて、痛みが緩和されると白くただれたような状態は多少良くなったような気がします。
 というわけで、毎朝、鏡に向かって舌の状態をチェックするようになりました。

 うーーん、一病息災とは言いますが、どんなもんなんでしょうね。
 体資本の仕事だけに、薬真面目に飲んでなんとかしたいと思っています。

 二週間後に行った時の話では「原因は不明」だそうで、「別の薬のせいかな」と言われましたが、薬服用の前、去年の五月から続いていた痛みなので、それはきっと違うだろうなと思います。
 ではストレス?
 これもね、思い当たることがありすぎてわかりません。
 とりあえず、対症療法でもいいから、痛みのない日々が望みです。


 四月から、新しい年度が始まり、色々例年とは異なることがありますが、でも、今年度は嬉しい驚きも多くて愚痴ではない話もたくさん出てきそうな予感です。

 せめて更新の月刊を週刊にできるように、また書くことをはじめようと思います。


 がんばれ!! 自分!!



 

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。