061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2011年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台本の話 その2

 さて、前回の続き、もうひとつの台本は・・・。


 実は今年、県の青少年センター主催、扉座主宰の横内謙介氏を講師に開催されている演劇指導者講習会に参加いたしました。
 毎週土曜日の午後、6月から始まって、昨日23日までの全5回。
 通いました、娘っこたちをほっぽって。
 おかげで、コーチが娘っこを見るときにそばにいれた試しがなかったのも、前述の台本書き直しにつながっていると言っても過言ではない・・・くらい、、きっちり通いました。

 青少年センターは坂の上、はっきり言って横浜桜木町の駅を降りてもみじ坂の急坂を見上げると、体力の落ちたおばさんはため息が出ました。
 気合を入れて、上ってたどり着くと、「指導者講習会」のはずなのに、高校生はいるは、プロの役者はいるは、なんだかカルチャースクールのようなワークショップでした。
 その分、いろいろな角度からものを見ることができて、また、指導してくださった内容が、理論的だったり実践的だったりと、とても為になりました。
 う~~ん、いくつになっても学ぶのは楽しいです。

 で、昨日が最後の講習会だったのですが、そこで前回出た宿題が「今、バッシングされている人の思いをシナリオにして演じる」で、この発表と質疑応答が最後の講習でした。
 かのシェークスピアの「ベニスの商人」のシャイロックの台詞をご存知でしょうか。
 劇団四季の日下さん演じるシャイロックが「ユダヤ人には心がないと言うのか!? 俺がユダヤ人だからいけないのか? キリスト教徒と同じことをやってなぜ悪い。」というようなことを赤裸々に語る有名な場面があります。 
 それになぞらえて、一週間で書いてこいと横内氏は楽しそうに言ったのです。

 いや、バッシングされている人って? 誰?
 「調べなければならない、それも大切な作業です。」とのたまう横内氏。
 でも、今話題の政治家たちは調べるだけでも大変そう。
 まして、自分の中に共感できる部分をどれだけ持って書くかとなると・・・、こっまったにゃんこです。

 結局選んだのは、昨年夏、幼児二人を置き去りにして殺人で逮捕された「下村早苗」。
 覚えておいででしょうかね、3歳と1歳の子をゴミ屋敷のようになった部屋に残し、男と遊びに出かけ、一度戻った時に二人の姿が見えなかったのでおそらく死んだのだろうと思いつつも、さらに放置し続けたという事件です。
 とんでもないあばずれ女、鬼母と、各メディアはこぞって非難の記事を載せました。

 調べてみると、様々なことが分かる。
 有名人であった父親、ほぼDVがあったろうと思われる幼年期、ぐれれば知人に預けられ、東京住まい。
 でも、なくなった子どもたちの父親に会ってからは、ちょっと違って、子どものこともとても大切に思っていたことがわかります。
 2チャンネルでは、子どもの父親やその家族もぼろくそに言っていますが、彼女の中にはそんな想いよりも感謝の思いが見られ、知ることってすごいと思うくらい、様々なことが見えました。
 リテラシーって、やっぱり大切ですね。

 それを台本にしたんですが、これがね、横内氏言うところの「新劇調」になっちゃうんですよ。
 どうしても、文が固い。
 で、演じなきゃいけないから、何度も読み直して、より自然な口語にしていく。
 結構大変な作業。

 その作業をしていると、娘っこの台本は、頭の中で書いてたなって気がしてきて、反省しきりでもありました。

 宿題のシナリオ、脱稿は20日でしたが、そこから毎日30分以上、結局読んでは直しの繰り返し。
 なるべくドキュメントにまとめたかったので、作りごとの事実は入れないようにと思って作りました。

 演じたのがうまくできたのかどうかは、ちょっとわかりませんが、とにかく終了まで行きました。

 最終日が一番の休みが多くて、20人くらいの人数だったのですが、この宿題、誰一人同じ人がいることなく、みなさん、いずれ劣らぬ力作ですごかったです。
 見ていて知る新事実の多いこと。
 やっぱリテラシーって大事。
 みんな、熱演だったので、見ていて面白かったです。


 やっぱ、シナリオ書きたぁーーいって思いました。


 さて、面白かったのは、実は打ち上げでした。
 そのお話は、後日に。

   


        ブログランキングに参加しています。
        よろしかったら左上のバナーに
        愛のポチを。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

台本に追われる、つらいけど幸せな(?)一週間

 20日過ぎて、やっと一息です。

 うそ。
 20日過ぎても、いろいろと追い立てられてた自分でした。

 何に?って、二つの台本にです。


 一つ目は、娘っこたちとやっている、8月最終週の土曜日に発表となる劇の台本。

 いいんだけどね、と思いつつも、ちょっちムカつくコーチの駄目だし。
 こちらが台本あげたのは5月末です。
 で、見てもらうべく渡したのですが、これが全然読んでいない。
 6月の練習を見て、以降あれこれ言う。
 わかっているんです、どうしてそうするかは。
 つまり、自分が読みこんでしまうと、どこを直せと指示を出してしまい、こねくり回し、台本が本来のものではなくなるから。
 わかっているけど、読み込み不足で、どうのと言われても・・・・ってのがあって。
 なぜなら、時間がないから。

 で、娘っこに言わせると「地味な反抗心と意地」ってやつで、言われたところを随時直しています。
 だって、コーチの言う「見ていて俺がわからないところは、客もわからない、感じられないところだろ。」、くっそーー、そいつは正しい!と思っちゃうからさ。

 大幅に書き直した1場に加え、2場の最後を直し、コーチが直した3場をさらに直し、自分の書きた時は言葉がリンクするように作っていたので、それを直し、4場のクレーム対処として書きなおし、5場に新たなシーンを書き加え、といった作業を行い、やっと脱稿しました、21日。

 娘っこにもう一度読み合わせから始めて、あと1週間で仕上げろって喝入れて・・・。
 なんだか、今日からの1週間、怒涛の1週間になりそうです。


 というわけで、本日午後も仕事です。
 娘っことともにがんばります。

 もうひとつの台本は、後ほど。

     

       ブログランキングに参加しています。
       よろしければ左上のバナーを
       ポチッと、よろしくです。

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

毎朝4時起きで自宅でも仕事 異常

 ああああああああ。
 仕事が終わらないぃぃぃぃぃぃ。

 20日締め切りの仕事が、ほとんど白紙状態って、真面目にまずいです。
 危機感MAX。

 なのに、研修会だとか、演劇の指導だとか、飲み会だとか、本来の業務からはなられた予定がてんこ盛り。


 連休って、仕事時間確保のためのものですかね。

 今週、終バス時間に間に合ったことがない。


 20日過ぎれば、少し余裕も出るかなぁ・・・。




 がんばります。
 

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

世の大人たちよ、どうでしょう

 ご無沙汰しています。

 自分、不器用ですから・・・って言いたいタイプの自分にとって、ちょっとしんどい7月です。


 前々から言っていますが、自分の職場の大ボスはちょっとずれている。

 いや、愛すべき隣人ではあります、ホントに。
 でも、仕事人となると、アナログ志向のピントのずれたおっさんになってしまう。

 で、指示されたことを手を抜かずに、大ボスのご希望通りにやろうとすると、これが大変なんです。
 
 おかげで、午前様になること数回。
 夕飯は、○ックのドライブスルーで買ったセットを車中で、なんてこと、かなりです。

 せっかく定期を買っているのに、退勤時間から終バスはもちろん間に合わず、終電ぎりぎりの時間まで仕事がかかることが見えているから、そんな日は車で通勤・・・・って、そんな日多すぎです。

 泣きたいほどがんばっているのに、早々に帰る大ボスから「体壊すなよ」なんて声かけられても・・・。

 がんばっている人に「がんばれ!」って言うのは逆効果って、よくわかります。

 でも、不思議。

 自分はそんな大ボスに反旗を翻し、(いや大したことではないんですけど)、手書きで作っていたものをパソコンで作る許可をゲットしました。

 でも、みんなパソコンで作りたぁーいって言っているのに、だれも後に続かないんです、
 「シチューパンさんがやっているので、いいのかと思って。」ってしれっとやってしまう、「彼女だけなんてずるいです!」と正面切って文句を言って権利をゲットする、どうせ大ボスはチェックをしないのだから、「手書きなんて知りませんでした。」としらばっくれてパソコンで作ってしまう。
 やり方はいろいろあるのに、だぁ~~~れもやらない。
 みんな、精神的マゾ?って思います。

 誰かが現状を変えてくれるのを、手を抜いたやり方で時を過ごし、待っている。

 いいのか、それで!?と、突っ込みたいです。

 自分たちは若者に未来へ続く道の基礎を教える商売なんです。
 知識を教え、応用へつながることを示唆します。
 その中には、世界を変える可能性があることも含まれます。

 おりしも、外では市会議員選挙の宣伝カーがうるさい。
 「うるせえなぁ」「もう選挙なんていらねぇ」という若人に、「ホントに?」から始めて、「議会民主制を社会で習ったよね。」とその意義を教える、「公約なんて破られるだけじゃん」という若人に、「公約の読み解くには、メディアリテラシーが有効なんだよ。」と教える。
 そして、考えさせる。
 「君たちの未来に、信用できない政治家が多かったら、どうするか。一人だけで戦えるか。戦いに勝利するためには何をすればいいか。」
 すると、永田町の政権争いの理由が見えてきたりします。

 教えるって、そういうことじゃないのかなぁ。
 
 そうして、教える側が、体制に従順で陰で文句ばかり言ってたら、若人は手本となる大人を持たないから、成長をしない、そう思うんだけどな。

 
 世の中、手を抜いても責められないと、それでよしとしてしまう人が結構いる。
 その人たちを責めるつもりはないけど、でも、戦争前の国って、誰かが変えてくれるのを待って、今を適当に流している、じっと我慢している人が多かったんじゃないのかなぁ。


 この国の、地球の未来が、心配です。

 でも、心配の大本は、子どもたちではなく、大人の生きざまにあるような気がします。
 
 ニッポン、どうでしょう。



          久々ですが、よろしかったら
          ブログランキングにポチッと
          愛の手を。
          よろしくお願いします。
 

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

がんばれ! 自分!!

 あああああ・・・・・。

 7月・・・・。

 仕事に追われている時って、ホント、心がどんどんしぼんでいく感じがします。

 いいえ、仕事に充実感があれば、この時期、もうバリバリやるぞって感じなんですが、なんか今年はちょっと疲れている。

 なんだか、やっていることがうまく回っていない感じ。


 なぜだかわからないけど、気持ちが疲れていて前向きでないということだけがわかる。



 やらなくてはいけないことがあるのは、ありがたいです。
 とにかく、それをやることで、なんとなく自分を追い立てることができる。
 
 どこかで心を休めたいのかも・・・・。



 さて、そんな疲れた自分ですが、なかなかお掃除ができない我が家に、強い助っ人が来ました。
 そう、お掃除ロボットです。

 ルンバは高いしなぁって思っていたら、ありました、自走式ロボット掃除機!
 「ツカモトエイムの『ロボットクリーナー』ルンバにも負けません」、¥7950なり。

いや、負けるかどうかはわからないけど、直径30センチのこのクリーナー、とっても働き者で、特に細かい塵をきれいに取ってくれます。おかげで床がきれい。

 これだけやってくれるなら、この価格は安いと思えます。
 部屋がきれいって、やっぱり癒しの基本ですね。


 今年は疲れていてっていうか、忙しくてスーパーにもろくに行けなくて、梅を購入し損ねました。
 だから梅干しも梅酒もなしです。

 でも、職場の前の公演でたわわに実る山桃発見。
 手も届くところの実をとってきました。
 結構甘い。
 で、本格的にとってジャムを作ったら美味しかった。

 電子レンジで作ったので、手間はわずかです。
 娘にも好評。
 でも、種が多くて、越しの作業がめんどくさいって言えばめんどくさいかな。

 
 小さな癒しで、とりあえずため息程度に心を抑え、今年の夏はやらなくちゃいけないことも多いし、後ろ向きにだけはならないようにしていきます。


 がんばれ! 自分!!


フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。