041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

date :2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事を考える

 愚痴って言えば愚痴なので・・・・。

 仕事の愚痴を聞いても腹を立てない方のみ、どうぞ。





 

        ブログランキングに参加しています。
        お仕事大変ねと思われた方
        応援のポチを左上のバナーへ
        お願いいたします。
        よろしく❤




スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

フロントガラス!

 整体に通院している関係で、5月は車で通勤することが多いのですが、通勤には高速道路を使います。(どんなけ旅なんだと言われます。)

 先週の半ば、運転していたら、ピシっと前面から音が!

 時々あるんです。
 他の車が跳ね飛ばした小さな石が、石つぶてのようにフロントガラスを直撃することが。

 その時も、いつものと思っていてのですが、当たったところにしみのようなものが見える。
 職場について見たら、傷になっていました。

 どうしようと思いながらも、小さな小さな傷なので、とりあえず放置。

 で、翌朝見たら、傷を中心に左右に一本筋がはいっている。
 ひびでした。

 長さも30センチを超えている。
 これはやばいかもと思って、車屋さんに電話をしたら、すぐ持ってきてくださいと言われました。

 その日も車を使う用があったのですが、安全第一、即持っていったら、ひび見たとたん、「預かります。」

 自分のつもりでは、車を見せる→確認をしてガラスを取り寄せ連絡をもらう→車を預ける→直すだったのですが、メカニックの方が、これはいつ完全に割れてもおかしくないといい、代車を出しますから置いていって下さいと。

 値段を聞いたら10万位掛かりますとのこと。
 でも、たまたま保険担当の方もいて、任意保険で直すことにしました。

 フロントガラスには苦い思い出があります。
 結婚したばかりのころ、夫と二人で出掛けた時の、やはり高速道路でのことです。

 ピシッという音とともに、いきなり全面真っ白になり、何?何が起きたの?と思っていたら、スーッと視界が開けて、そこは細かな網がかかったような全面ひびだらけのフロントガラスが!

 どうも、前のトラックがはねとばした小石があたったらしい。

 そのままサービスエリアまで行き、電話をかけるためにドアを開けるまでそのままだったガラスは、ドアを閉めるとともに粉々になって前の席に落ちました。

 マンガのようというか、映画のようというか、笑えるくらい見事な粉々でした。

 すぐ車屋に電話し、教えてもらった修理屋さんに連絡しと、携帯のなかった時ですから、結構あたふたとサービスエリアで動き回り、結局、車屋さんまでそのまま持って行って修理ということになりました。
 その時駆けつけたJAFの方に、「申し訳ないけど、ここには貸してもらえる電源がないので、いま座席のガラスを掃除機で吸うことができない。」と言われ、借りた箒で一生懸命危なくないようにガラスを片付けました。

 ガラスは粉々で、とがっている感じではなかったのですが、箒で掃除には限界がありました。

 前から風の入ってくる状態で、フロントガラスのないまま、超安全運転速度で車屋までもっていきました。

 「あー、この車は古いですからね。新しいのだと、ひびまではいっても、ガラスは砕け落ちないんですけど。」と言われました。

 今回、その言葉を実感。
 もし、強化されていないガラスだったらまた、視界0になっていたと思います。
 さまざまな開発技術に感謝です。

 火曜日に連絡があり、車は無事ガラスが入れ替えられて戻ってきました。

 ピカピカなフロントガラスが嬉しい。
 ついでに洗車までしてくださって、車全体きれいです。嬉しい。

 自分の乗っているのは軽自動車ですが、マニュアルなんです。
 代車はオートマの軽自動車。
 自分のに比べ、代車は軽くて馬力が弱い感じがしていたので、自分の車に戻って、ロウから引っ張るとやはり手ごたえが違います。
 そんなところまで調べて購入した車ではなかったのですが、ああ、自分の感覚に合った車だったんだと、再認識して、それも嬉しい発見でした。


 人間万事塞翁が馬。
 大きな事故にならなかったことや、再発見を喜びたいです。

 でも、どこに危険があるか分からない毎日であることも再認識しました。
 日々、注意も必要ですね。


 皆様もお気を付けください。



           ブログランキングに参加しています。
           無事でよかったねと、お見舞いのポチを
           左上のバナーにクリックしていただけると
           嬉しいです。
           よろしくお願いします。


テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

とりあえず脱稿

 演劇のシナリオ、脱稿しました。

 作品は、合唱部の中での友達の話。
 自己表現の下手な人たちのすれ違いやもどかしさを、幼馴染みの三人を中心に描いています。

 原案に大きな事件がないので、メリハリの常套手段の転校を使ってしまいました。
 おまけに仲直りが大きなテーマだったので、過去の作品「エール」ではダンスで仲直りでしたが、今回は合唱部なので歌で仲直り。
 書きながら、安易かなぁって、自己反省しきりです。

 ただし、そこで歌われる歌は、娘っこたちにはとても意味のある歌なので、その歌を生かせるストーリーであればいいかなって思っています。

 第三場まで書いて娘っ子に見せたら、原案を作った人まで、「この先どうなるんですか? 先を早く知りたい」と言ってきたので、まあ、いいかなって自分を納得させています。

 ただし、原案通りにキャストの名前を使ったのですが、どうも耳に心地よいとは言えない音なので、そこは協議をして変えていきたいですね。

 40分の劇なんですが、どうも、いままのままだと43分かかりそうです。
 明日から本読みも入れるので、時計とにらめっこしながら、作品作りに入りたいです。


 ちなみに、コーチのほうでも、依頼した秋の舞台向けの作品の執筆が始まったようです。
 こちらは、大きな意味での進路を考える、まだ青い人たちの話になりそうで、ちょっと期待したいです。

 
 自分の発表が8月末。秋の舞台が10月半ば。
 全く日がない中での取り組みになるので、不安はいっぱいです。

 でも、やるしかないと決めたら、あとは突き進むだけですね。
 

 がんばろうっと。



      久々のお願いです。
      ブログランキングに参加しています。
      よろしければ、左上のバナーに
      ポチッと愛のクリックを。
      よろしくお願いします。

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

簡単料理は手抜きじゃないよ、きっと

 このところ忙しいを理由に、夕飯を簡単な料理で済ませています。

 なにしろ10時過ぎの帰宅となれば、もはやスーパーの総菜だってさしたるものはなく、出来合いのものでとは行かない悲しさ。
 日々、簡単で、早くできて、おいしいもの・・・・って何ぃぃぃぃ?と心で叫びながらの帰路です。

 そんな中、だいぶ前に購入したお料理本で、オレンジページのムック「フライパンレシピ」BEST 『好評の「フライパン1つでできる」レシピを集めました。』を引っ張り出して、カレーを作りました。

 我が家のカレーは、夫の作る辛くてスープ仕様のチキンカレーと、箱書き通りの娘のカレー、そして自分のなんでも刻んで入れちゃえという野菜たっぷりのドライカレーと野菜ほぼ丸ごと牛肉のごろごろカレーと、結構多彩ですが、今回はフライパン一つ、10分でできるカレーが仲間入りです。

 先ほどの料理本の中の、「東京カリー番長」の水野仁輔さんのレシピで作るカレーです。
 
 作り方はいたってシンプル。
 先にカレールウを溶いておきます。
 フライパンで豚こま切れ肉、くし切りの玉ねぎ、斜め薄切りの人参、自分はこれにマッシュルームのスライスを足して炒めました。
 炒まったら、カレールウをそそぎいれ、煮立ったら弱火で2から3分煮ます。
 それで完成。
 これがけっこう美味しい。

 その他に、夫が作ってくれた、東京12チャンネル「男子ごはん」のレシピの、胡椒たっぷりチキンソテーも、けっこう応用がきくので、定番に仲間入りです。

 シンプルなものは、素材の味が生きますし、味を間違えることなく手早くできることが、また嬉しい。

 圧力なべの出番も結構多くなっています。

 疲れているから、時間がないから、簡単料理だけど、簡単さは手抜きじゃないと思っています。

 時間がないとき、フライパンで10分カレー、お試しあれ。

 

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

休みには休みの

 ご無沙汰です。
 もう忙しくない時がないくらい、忙しいのが年中行事になりつつある自分。
 5月、土・日は演劇は休みにしたものの、仕事で結局行ってるし・・・なんかなぁです。

 さて、今年も作り始めました、グリーンカーテン。
 虫が苦手な自分はゴーヤで作ります。
 昨年、やってみたら、確実に内と外では体感温度が一度以上違う。
 びっくりです。

 で、部屋を使っている若人に聞いたら、やってほしいの声が大。
 残念ながら、作業は若人たちが使用できない場所で行うので、自分ひとりでやることになりましたが、都合4時間で完成。
 でも、今年は水をやってくれる担当の男の子が、なんだかんだと毎日ちゃんと水をあげてくれているのでありがたいです。
 早いものは蔓がネットに絡み始めました。
 昨年は葉っぱ成長優先で追肥をしましたので、とれたゴーヤは小さかったのですが、味は結構よかったです。
 今年はどうかな?
 ちょっと楽しみです。



 娘が大学に通い始めて1カ月が過ぎました。

 乗り継ぎを3回もして通います。
 高校時代より起こさなくても起きるようになったし、勉強も楽しそうだし、入りたいところに入り、やりたい勉強をするとこうも変わるのかと思うと、ちょっと感慨深いものがあります。
 さて、乗り継ぎの割には時間は1時間くらいでいけるのですが、、家から駅までと大学近くの駅から大学までがバスなため、バス代が1日800円かかります。
 1ケ月を考えると結構な額になります。バス代を親に請求する彼女としても、これはと思ったらしく、どちらか定期にしようかという相談が来たので、駅から大学まではフラットな地形なので自転車にしてみればと提案しました。
 いまどきの若い子らしからぬ(?)彼女は、原チャリに乗ることも免許を取ることもあまり興味はない。
 でも、自転車には「それもいいかな」

 ということで、先週の日曜は、夫と3人で大学近くの自転車屋に行き、自転車を購入。
 ついでに駅の駐輪場も契約して、通える状態にしました。

 実は、今住んでいるところは地名に「山」の字がつくようなところで土地の起伏が激しい。
 彼女は小学生の時に買ってあげた自転車もほどなく乗らなくなり、その後ずっと自転車にご無沙汰でした。
 乗れることは心配しなかったのですが、でも、重い荷物を荷台に置いて大丈夫かとか、大学までのルート走れるのかとか、そういうことはまるっきり気のない状態の彼女に心配MAX。
 自転車屋で購入した自転車で、試しに大学までの行かせたら、案の定、歩道橋のところを自転車を押して歩道橋を渡ったらしい。息も絶え絶えに携帯に出る彼女。もうひとつ横へずれれば横断歩道があるのにね。
 大学から駅に戻るときには、そちらのルートを教え、大丈夫そうということになりました。

 
 その前のGWには、家に来ていた義父と4人で彼女のパソコンを買いに行きました。

 夫の仕事はシステムエンジニア。
 だから、パソコンはちょっとうるさい。
 加えて、娘の使うパソコンはロシア語専攻の娘のものということで、多国籍言語対応のものであり、学校へ持っていく関係で大きさや重さにも注文が入ります。
 さらに、いまどきの若い子なので、「可愛くないと嫌」とか、「お洒落じゃないと」的な注文が加わり、こちらも結構時間がかかりました。
 自分は、パソコンはツールだから使い勝手が良ければいいやと思うのですが、夫、娘、自分と、持ち物に対する基準がそれぞれに違うので、ここでは何を選ぶかは二人にお任せ。

 結局半日潰して、結構よい値段のものを購入。
 勉強してねと母は思うのですが、家で使っているのは今はもっぱらバイト探しのようです。


 自分の父親もそうだったけど、結構人任せの娘に対し夫も甘い。
 いろいろと一緒に面倒を見ます。
 自分で調べさせるって選択はないのかっていうくらいですが、まあ、娘が頼ってくるのが嬉しそうだし、それもいいかと思います。



 そんなこんなで、5月のお休みは、お休みだからできることだけど、やっぱり疲れることが目白押しでした。
 家族で動けたからいいかと思うことにしていますが・・・・。

 さて、残り少ないお休みはというと、今週は自宅の庭の手入れです。
 ほっぽりぱなしにしていたらブドウが伸びて大変な状態に!
 こちらも蔓を支えるように簡易ではありますが棚作りをします。
 伸びだした雑草も手入れをしないと、野原ならぬ藪になりかねない庭です。
 明日の午後は天気が崩れそうなので、午前中にやってしまおうと思います。

 今日の土曜日は、ここのところ通っている整体に行って、夏の講習会(資格免許更新のために30時間の講習に行きます。費用は自腹。意味があるのかなって思うのですが、まあ仕方ない。)の申し込みに行き、午後は出勤しちょっと先週やりきれなかったお仕事をします。

 今週末には、今面倒みている演劇の娘っこたちに向けたシナリオを脱稿しなければならず、こちらもできれば今日中にと思っています。



 休みには休みの忙しさ。
 動けるうちが花ですね。

 
 
 

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

実技講習会

 昨日、所属している地区の演劇の実技講習会なるものが行われました。

 いや、行われましたでは受け身です。
 自分、プロデュース側なので、行いました、です。

 もう、5年くらい、1年に2度の頻度で、地区の中学校の演劇部を対象に行っています。
 2月に行った冬の講習会は、講師の先生が素晴らしく、体育館やら教室やらつかえるところもあって、とても有意義な取り組みでした。

 で、春の講習会。

 たまたま演劇部員の生徒が増えたのか、強制参加ではない中参加者が増えたのか、よくわからないけど、70名の参加です。

 今回、ちょっと指導してくださる方の手配が今一つで、いつも地区の指導に来てくださっているT氏を講師に、午前中は基礎練習、午後は大道具と小道具の作成実践編という内容でした。

 もともと、学芸会にならないために道具は大事だよねと言っていましたので、内容的には悪くないのですが、講師一人で大道具の作成を学生70人に教えるのはいかにも大変。
 
 助手の方をあたったのですが、日にち的にうまく都合がつかなかったので、結局T氏一人に。
 大道具は並ベニヤ1枚のパネル作り、小道具は発泡スチロールを削っての卵作り、約2時間の実習はけっこう有意義でした。

 卵はLサイズからウズラの卵までいろいろな卵が出現。
 「だって、卵なんてこんなもんじゃないの?」という学生に、「客はそれでそう見てくれるならいいよ。それ、客は卵だって100人が100人、認識するかな?」と問うと、「・・・・しない・・・ですね。」
 黙って、また削り始めるところは素直でえらい。

 結局40人がパネルを、30人が卵を作りました。

 で、引率の方々、みなさんも初めての道具作りなので、結局教えられる側は講師と自分の二人。
 みなさん、熱心にパネル作りに取り組んでました。見学者でないことは素晴らしい進歩です。

 とはいうものの、それは講習会参加者ということで、運営の側にはいないということでもあって・・・。
 大人の方々は気は使ってくださるんですが、微妙に、運営と指導と一人で切り盛りすると、結構大変。

 そのせいか、このところの肩こりが一気にピーク!
 昨日の夜から、背中の張りが痛くて、寝返りどころか一挙手ごとに背中が痛い。

 仕方ないので、本日午前中にお休みをいただき、整体に行ってから出勤します。

 旦那は、「それは休まないと治らない」というのですが、仕事には休めない事情もありますしね。

 まあ、5月は基本カレンダー通りの休みなので、体休ませながらがんばります。

 




 でも、5月と自分、相性悪いんだよね。
 いつも体調崩すのは5月。
 外はこんなに命にあふれているのにって、ちょっと恨めしい気分です。

 

 

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

忙しくないときって、いつーーー!?

 一年でもっとも休める時期となりました。

 そのほかの月は、なんやかやと本番2か月前に引っかかり、本業で忙しく、とてもカレンダー通りの休みになりません。
 その意味では、心身ともに休める時期・・・・のはずでした。

 が、そんなことも言ってられない今年のGW。

 娘っこの一人が持ってきた案をもとに、40分の芝居台本を作らなければいけなくなりました。

 いや、もともと今年はそのような作品を8月に発表予定だったので予想はしていましたが、意外と作品ができていないので、大幅に手直しを加えて作ります。
 
 この2日間はエピソードを思い描いて、あれはこれはとひまがあれば考えていました。
 最初と最後はできました。
 だ・け・ど・・・・・。
 エピソードがやや足らない。
 キャストが少ないので、もう少し増やしたい。
 主人公をもう少し動かしたい。
 たいたいだらけで、うまく動きがとれません。

 概要を手書きで本日中に作り、明日から台本書きに取り組みます。

 さあ、5月中旬までには第一稿をあげねばなりません。

 うーーーん、大丈夫か、自分。

 やるっきゃないなら、あとは頑張るだけですね。

 自分、頑張ります。

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。