011234567891011121314151617181920212223242526272803

date :2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除の時間は困ったさんがいっぱい

 若い人たち(10代前半)に関わる仕事をしています。

 最近の困ったさんは雑巾が絞れない人。
 ほとんど全員が雑巾を逆手で絞ります。
 どんなかって?
 雑巾を鉄棒の棒のようにして横においたようにして、順手に持って絞るのです。腕がクロスして、最後まで絞ることが出来ません。
 この方法で絞ると、手がクロスしたところ以上絞ることが出来ないため雑巾にはかなりの水分が残ります。

 正しい絞り方は、雑巾を縦にし、親指がともに上に来るようにした後、脇を占めるように親指の先のほう目指して絞るやり方です。
 これだと、さして力を入れなくてもしっかり絞ることが出来ます。
 でも、そうやって教えると「小学校の先生はこうやれって教えた」と、ほとんどの人が答えます。

 実は若い人たちだけではなく、職場でこの話をしたら、大人のほとんども逆手で絞っていることが判明。
 その数の多さに、よもや自分が自分が間違っているのかと思ったところに、救いの神が!
 大河ドラマ「竜馬伝」。
 両馬が千葉道場で小さい子に竹刀の素振りを教えるシーンで、打ち込みの際に「雑巾を絞るように力をいれて!」と何回も言っているではないですか。
 そうなんです。きちんと絞ると、そのときの手は竹刀やゴルフのクラブを持つよう感じで、脇を占めて腕を伸ばして絞りこむ感じなんです。

 実は若い人たちは本当に掃除が出来ない。
 箒も外用と座敷用、床用の区別が出来ません。
 外用の箒で室内掃除をしているのを見たときには、「はあ?」って感じでした。
 でも、実は指導する大人がわかっていません。

 箒なのかモップなのかで力の入れ方が違うのに、箒をモップのように押して使い「この箒ってすぐ壊れますよねぇ。」なんて言っている。

 でもね、いざ家庭の中では、もはや箒の出番はほとんどないですよね。
 みんな、どこで掃除の仕方を習えばよいのでしょうか。
 いっそ小学校の先生になる人には、大学の教育課程のなかに生活指導をいれ、掃除のやり方を教えて欲しいですね、ホント。
 
 とにかく、水に浸すこと、または濡らすことを洗った、拭いた時に水滴が残るような状態で絞ったという状態は勘弁して欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ:独り言
ジャンル:日記

二月が落ち着かないわけ

娘が高校三年生です。
そう、受験なんです。

この娘、知る人ぞ知る困った集団嫌いで、小学校から学校は嫌いだし、学校の勉強も嫌い。
不登校かと思うほどに登校途中で行きたくないと帰ってくることが多く、もし自分が働いていずに自宅にいたなら、絶対学校へ行こうとしなかったのでは思います。

宿題をはじめとした提出物忘れも半端ありません。
口頭で確認し、連絡ノートを見て確認し、ランドセルの中のプリントを全部あさって確認しますが、本人が覚えていない、連絡ノートに書かない、プリントを学校に忘れてくるでは親は分かりようがありません。
よく学校の先生が、もう少し家で気をつけて見て上げて下さいって言いますが、何をどう見れば分かるのか教えて欲しいよって心の中で叫んだことは一度や二度ではありませんでした。

 小学校の担任と折り合いが悪く、公立は信じられないと本人の希望で私立へ進学しましたが、受験がよほど大変だったらしく、あんなに勉強したんだからと、2年間はほとんど勉強をせずに、三者面談では常に成績が元で落第の危機ですと言われ続けました。
 中2の3学期と中3の1学期に少し勉強をして、高校進学が大丈夫となると、また元の木阿弥。おまけに高校からは遅刻の女王です。
 おかげで、高校の三者面談は、後何回欠課すると進級できませんと言う言葉を常に聞いていました。
 そんなだから成績だっていいはずもなく、試験で下から数えた方が早い教科だってたくさんありました。

 自分の親は、自分が学生だった時は自由研究が一番嫌だったそうですが(毎年8月31日にやっていればそれは当然ですよね。)、自分は毎学期にある三者面談が嫌でした。

 その娘が何を迷ったか、中3になって英語に目覚めました。
 でも、相変わらず学校の勉強は嫌いなので、成績は中の上か、中の中。
 なのに、力はありますって言うんです、本人が。
 ホントかよって思いますよね。

 でも、どうしても語学へ進みたい娘は、ここであと一つランクを上げたら東大か一橋かって大学を志望校に選んできました。
 親が知り得ている成績は学校の通知表と、学校でやった模擬試験の結果のみ。大丈夫そうにはとうてい思えません。
 「なんで信じてくれないの!? 頑張れって言えばいいじゃん!!」と涙ながらに娘は言いますが、何を持って信じられるのと大人は言いたい。
 でもセンターの英語は9割以上の正解だったらしいし、学校の先生は「もう少し早く出会っていれば東大にだって行けたのに」って言ったらしいし。(いや、それはないでしょ、入試は英語以外の科目もあるんだからと親は即行突っ込みましたが)
「あたしは、入試に向けての勉強はやってるの! 学校の教科なんて受験に関係ないじゃん!」との娘の言葉に、今のご時世、全く違ったもんだなとしみじみ思います。

 娘の口癖は「学校の勉強は嫌いだからしなかっただけ。あたしは馬鹿じゃないよ。」。
 嫌いなことをしないで生きていけるほど世の中甘くないと思うのは、親だけでしょうかね。

 入試直前まで高校の先生に英語を見てもらいに登校している娘。(もしかしたら、今までで一番真面目に行っているような気がする。)
 先日聞いてきた教師の会話。
 英語の先生 「桜ちゃんは英語は頑張っていますよね。」
 国語科の担任「いや、彼女はサボっているだけで国語だって出来るんです!。」
 担任の先生には心底同情します。だって、面接の度に「授業中寝なければ、もっと成績上がるんだよ。」と言い続けてきた方なので。
 
 彼女の志望校は浪人して当たり前と言われている大学なので、親は覚悟を決めていますが、彼女は受かる気満々なのが怖いです。

 まあ、人生は塞翁が馬と言うことで、あと1ヶ月は、受験のどたばたは続きそうな我が家です。

テーマ:独り言
ジャンル:日記

暦の上では春です

 立春が過ぎました。
 皆様、風邪など引いていませんか?
 自分はダメでした。
 一旦は治ったと思われたものの、今度は久々に扁桃腺をやられまして、再びの発熱。せき、鼻水が止まらず、微熱続きの日々でした。
 こんなに風邪らしい風邪は何年ぶりだろうと思うほどに典型的な風邪の症状でした。

 そんな中で行われた、児童館での娘っこの舞台。
 正味45分くらいのものでしたが、満席とまではいかなくとも、50人以上のお客様がいらして、(宣伝はしましたが、サクラはいませんよ!)小さいお子さんもいっぱい、楽しそうな時間になりました。
 うちの娘っこ達は、自分のブログ友達(←こう呼んでしまって良いのでしょうか?)の蜩さんに紹介いただいた「貝の子プチキュー」を朗読劇仕立てで行いました。
 この話、結構結末が衝撃的で悲しい。
 それまで、口を膨らませて「ふぐだよぉー」とか「どのクラゲが一番クラゲっぽいかな」なんていう司会やナレーターの声にうれしそうにキャッキャと反応する小さい子達がその結末に思わず息を止めるところは、横で見ているこちらにもハッキリと分かってちょっと感動ものでした。
 お年寄りの方も何人かいらしていて、ちょっと涙目になって「感動しました。」と言って下さったことこそ感動でした。

 途中でいれたアルゴリズム体操、大人は知らなくとも子供は知っているって感じがわかっておかしかったし、お手玉や早口言葉で(いや、大したことはやっていないんですが)「っすごーーい!」と言ってもらえた時には、娘っこたちは心底うれしそうでした。

 舞台は見る人がいてなんぼのものです。
 今まで、演じる自己満足で行っていた娘っこたちが、反応してもらえる喜びを体感したなら、この舞台をやった甲斐があったというものです。
 昨日はTVで「フラガール」を観ましたが、痛いほどコーチの気持ちが分かってまいりました。
 演じる側を作る時、やっぱり、見てもらうってことの意味は大きいです。

 さて、娘っこたちに休みなどありません。
 3月中旬には卒業する先輩を招いて見せる「追い出し公演」があり、4月最初には「歓迎公演」があります。
 2つとも同じ作品が恒例だそうなので、20分程度のコメディーをやることにしました。
 台本を渡し、本読み兼オーディションを行い、昨日役が決定しました。
 登場人物5人という劇なので、チームを2つ作ったのですが、これが凶と出るか吉と出るか・・・・。とりあえず、今日の所は楽しそうにやっています。

 がんばれ! 娘っこ!

テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。