061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2009年07月20日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹を見たよ

 ばてばてになりそうな体を抱えて、やっと一息という感じになりました。

 今年度、異動で所属の場が変わったので、書類作成に関するシステムやノウハウが昨年までとは異なり、内容的なものよりやり方で振り回されました。
 7月の前半は、そのやり方で慣れていないからが理由となって仕事の完成が遅れることが嫌だったので、ちょっと無理してもと頑張ってしまいました。
 今の職場のやり方は、あえて言えば五年位前のやり方で、管轄地区の中でもいまだにそのやり方なのは、わずか1割の所です。
 ボスのこだわり故の改善なしシステムなので、ボスが替わるまでの我慢とみんな思っているようです。
 いいのかなぁ、そんなことで・・・・と思いつつ、楽になれているから昔ながらのやり方が出来ないと思われるのも嫌なので、とりあえず頑張っているというのが本当かな。


 さて、忙しさが一見一息ついても、演劇関係はそうはいきません。

 演劇の娘っこも顔ぶれが変わりましたが、やることは同じ。
 8月1日に行われる大会に向けて、これからの10日間が頑張りどころです。
 でも、こちらも大会に出るということの意味が身にしみていないので、取り組みの甘さが随所に見られ、かといって経験がない者に頭ごなしに怒っても意味無いので、一つ一つ解き明かすようにして説明しながら取り組んでいます。

 おかげで、スタッフの顔ぶれの入れ替わりの激しいこと・・・・。
 練習を休めば、内容についていけないのでスタッフの仕事も出来ません。
 休むのはどんな大儀があっても、みんなに迷惑をかけ、自分の理解と行動の遅れを意味します。
 休みが多いものをチーフからおろし、手が足りないところに新しい面子を入れ、レクチャーを行い、初めてってこんなに大変だったんだと、4年前を思い出している毎日です。


 そんな中で、昨日は帰り道に虹を見ました。
 それもダブルです。
 くっきりした内輪の虹と少し色の薄い外輪の虹。

 ちょっと感動でした。
 どこかで頑張ることにエールを送ってくれているような気がして、前向きにがんばろうという気持ちを新たにしました。

 かつて上演した「13階の神さまたち」という劇のラストシーンは、目の手術をして包帯を取った少女が、まだ外を見ることまで目をならしていないときに、看護婦が見た窓の外の虹を想像し、明日の自分の希望を雨上がりの青い空とそこにかかる虹に見るというものでした。
 虹は光の具現化です。
 降り注ぐ光がそこにあるということは、やはり明日への希望とエールなのかもしれません。

 23日には大道具が完成します。
 今まで大道具なんて使ったこともない娘っこたちのため息が今から聞こえるようです。

 さあ、8月1日に心に虹が見えるように、もう一頑張りしてまいります。



                    ブログランキングに参加しています。
                    娘っこの虹に期待しての愛のポチを
                    右上バナ-に、よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ:独り言
ジャンル:日記

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。