041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

category :未分類

  • 2015.02.23(月)
  • 2014.05.26(月)
  • 2010.03.14(日)
  • 2009.01.24(土)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間に、夏休みもあと半分を切りました

残暑お見舞い申し上げます。

 夫の使っているパソコンを変えたら、うまく使えなくて、更新が滞ってしまいました。
 あっという間に立秋です。

 更新できない間、何をやっていたかといえば、演劇どっぷりでした。

 創作劇の県大会がありました。
 大会の結果は、上位五校に入って、まあまあの結果です。
 別にトップを狙っていたわけではないですが、結局インパクトが今一つで上位入賞がならなかったようで、講評等でけなされるところや注意がほとんどないことが、かえって残念な気がします。

 まあ、才能で勝負しているのではないので、そんなものでしょう。

 若人たちは、すでに秋の作品に向かっています。
 「花は咲く」 再演です。
 他のチームも取り組んでいるようなので、本家として恥ずかしくない作品にしたいと思います。


 職場の方も、夏休みに片足突っ込みました。
 疲れていたのか、休みに入っての二日間は無気力でした。

 その中で意外な食いつきは「探偵の探偵」全4冊を読んだこと。
 TVから入った作品でしたが、主人公のやられ方が半端なくて、まるで映画を見ているようでした。

 一気に四冊読んで、なんだか忘れていた活字中毒症状が頭をもたげてきました。

 いやいや、本読む前に中途半端な片付けと掃除をなんとかしろという天の声が降ってきそうです。
 昨日は、シ○ホで洗剤関係で1万円近くの散財。洗剤あっても使わないとね。
 ということで、本日は風呂場の掃除をしました。
 明日は庭とフロアのふき掃除。

 明後日以降は、台所、ベランダ、寝室と、大掃除のようにこなしていきます。
 さあ、有意義な夏休みになるのかどうか。
 ゆるゆると取り組んでいきたいです。

 まずは更新画面の復活、よかったということで。
スポンサーサイト

娘はすでに夏休み

 娘が夏休みに入りました。
 留学先の国から出て、ヨーロッパをまわるそうです。ほぼ2ヶ月の間、あちこちを旅して9月に一時帰国。でも一週間で、またキルギスへ戻ります。
 なんともタフだなと感心します。

 対して自分の夏休みはと言えば、お盆の最中に日直勤務があり、どうも連休状態になるのか不安な状態。
 
 県大会があり、6日までは演劇漬けの日々。21日から会議が山ほど、その間に8月の仕事をします。
 世の中では、教育公務員は休みが多いと思われていますが、とんでもないです。
 
 出来れば徳島の友人の見舞いにも行きたいと思っていますし、実家へも行きたいと思っていますが、それもあやしい感じです。

 とりあえず、今はやるべきことを、一つずつこなしていくことが出来ることかなと思います。

 壊れない程度に頑張ります。
 あぁ、温泉にでも行ってのんびりしたぁい☆❤

あっという間に2月下旬です。


ちょっと忙しいと、放置状態になって行けませんね。

本日、後ほど更新します。

ご無沙汰しています

 認証がなかなかうまくいかなかったのと、仕事の忙しさで2カ月も放置状態でした。

 また、ゆるゆると始めます。
 よろしくお願いします。

 皆さま、ご無沙汰でした。

 仕事が忙しいのに加え、家にいるときはパソコンは夫のドラクエ専用機器と化して、本日早朝にやっと使用できる隙間を見つけた次第です。

 なにしろ仕事で帰ると、すでにパソコン前には夫がいて、夜24時半就寝の自分は早朝5時起きで家事一般やっていれば、はっきり言ってパソに触る余裕はありませんでした。
 おまけに、他のパソコンでは届いた認証コードが確認できず、本日、やっと使用解除です。
 万歳!

 また、こちらでほそぼそとブログを続けさせていただきます。
 よろしくお願いいたします。


 さて、最初にお知らせです。

 晩成書房出版の2014年版中学校創作脚本集に自作が載りました。
 作品名は
「花は咲く」。

 
 希望の方にはお送りしたいと思います。
 希望と送り先をシークレットでお知らせください。
 よろしくお願いいたします。
 もちろん、無料です。読んでいただければ幸いです。
 数に限りがあります。
 在庫終了時には、書店または出版社より手に入れてください。
 晩成書房から、定価1200円です。
 残念ながら売れても印税は入りません。
 でも、作品の内容が3.11を背景に書かれているので、出来れば多くの人に見てもらえたらと思います。

 今期の本業の仕事は、なんだかなという感じです。
 別に嫌な仕事をしているわけではありませんが、役がちょっとだけ上になったら、仕事の大好きな部分がどんどんカット傾向にあります。
 年が増えると、現場の中でも現場監督になっていく感じです。
 現場で直に仕事するのが好きなんだけどなとぼやきつつも、人事には逆らえず、とりあえずはまじめに仕事をしています。

 演劇のほうは、脚本とともに、相変わらずどっぷり状態です。

 3月にイベントを打ちました。
 他の3つの演劇集団とともに上演会を開催し、自分の見ている若人は、当方作の劇を上演しました。
 この作品で、はじめて若人たちは演出を考えるという取り組みを行いました。
 演出そのものは当方が行いましたが、素地作りをすることで、作品へのアプローチが自分たちでもおこなえると感じられたことは大きな収穫でした。
 観ていただいた方々からは、作品に対しても劇に対しても、おおむね好評だったので、ちょっと安心しました。
 上演会も、今回は文化会館といった既存の場所を確保できなかったので、学校の体育館を借りての会となり、運営が大変でしたが、それも大事なく終えることが出来て良かったです。
 

 今は、夏に行われる創作劇発表会(県大会です)に向けて新作品に取り組み始めました。
 冬に若人が書いてきた作品が、キャラの紹介シーンに終始して、2回手直しを支持したら、音を上げてしまい、でも、せっかく書いてきたものをお蔵入りするのも残念だし、どうするか尋ねたら、「代表のほうで作品にしてください。」と、ほぼ丸投げされてしまいました。
 なんかなぁ・・・、こんなこと前にもあったぞと既視感120%。
 でも、そのときよりキャラクターが立っているので、それをそのまま生かして、エピソードを作って、中途半端で言葉にできなかった思いを一つの形にまとめて・・・、GWの数日間で作品を仕上げました。
 作品を見せたら、原案(原作?)の若人たちも満足したので、とりあえず、その作品で夏に臨むことになりました。
 内容は、いまどきのLINEとその中の言葉や情報に右往左往してしまう心を横軸に、自分を見つめる主人公を縦軸に絡めた話です。
 書き上げるのに使った時間は実は3日間でしたが、とりかかるまでの時間はやはり3か月以上かかり、書いている最中は胃が痛くなり続けで、創作はまさしく産みの苦しみだなと思いました。
 来週の土曜にはキャスト決定です。
 2か月かけて仕上げます。
 結果は・・・乞うご期待といったところです。


 近況報告を兼ねて、またゆるゆると書いていきます。
 また、よろしくお願いします。






 娘の受験が終わりました。
 まだ最終の結果が出ていないので、この先どうなるかはわかりませんが・・・。

 後は卒業式を待つばかりです。

 自分は、高校の卒業式は大学の受験と重なってしまい欠席でした。
 そんなこともあって、あまり卒業式の思い入れはないのですが、仕事柄中学校の卒業式は毎年のように見ています。
 
 自分の地区の特徴なのか、卒業式は歌だらけです。
 答辞も下手すると、読んでいる時間より答辞のなかの挿入歌を歌っている時間の方が長いくらいです。
 もちろん、その他に国家、校歌は当たり前、別の卒業の歌もあり、学年に200人近くいる学校では式は2時間半を越えます。
 大人数で完成された合唱曲を歌えば、それだけで感動はアップします。
 だから評判は悪くない。
 生徒さんも思い出も強いかも。
 でも、そこにあるのはなんだろうと思うと、否定はしませんが疑問は出てきます。
 自分たちの言葉で語るよりも、歌うことで表現する。
 バランスは大丈夫なのかなとかね。

 さて、娘の卒業式は、小学校・中学校とは当然異なり、式の練習している様子はかけらもありません。
 たぶん、歌なんかもなくて、きっとシンプル極まりないものなんだろうなと思います。
 式独特の厳粛さがあるのかもわかりませんが、まあ高3なら大人としてきちんと式に出席できるんだろうなと思っています。

 最近は高校の卒業式も、大学の入学式も保護者が行くのが当たり前らしく、「えーっ、みんな行くの?」と聞いた自分に、娘は冷たい目で「当たり前でしょ。」と答えました。
 ちょっと前まで「ついてくるな」みたいな若者が多かった気がしましたが、時代は変わりますね。

 本日仕事の後に可能なら美容院へ行こうかなと考えていますが、さて、時間が取れるかどうか。


 本日、面倒を見ている演劇のチームの中にも卒業生がいるので「送る会」です。
 新入生歓迎公演の作品の、途中お披露目の会でもあります。
 ダンスもお手玉もやるそうで、午前中からやたら張り切っている人たちがたくさんいることが怖いです。
 ばてない程度に頑張ります。


 夏は暖房、冬は冷房という施設条件の中、さしてひどい風邪を引くことなく過ごして来たのに、図書館はエアコンがあって暖房が効くもんだからあったかくして仕事していたら、やってしまいました。
 のどがやられて、ちょっとやな咳がと思ったら、翌日熱が38度6分まであがりました。
 朝、出勤したものの結局早退して、翌日は休み。
 季節柄、インフルエンザがこわいので医者に行きましたが、結果は陰性、セーーーフ!!でした。
 でも、体力落ちていて、疲れやすいし、朝貧血状態だし、とりあえずマスクして、薬をちゃんと飲んで仕事しています。
 乾燥がやっぱりダメですね。
 皆さんも気をつけてください。


 さて、1月は自分の誕生月です。と、同時に結婚記念日も1月です。
 長年、記念日は入籍した日か式を挙げた日かでもめていて(?)、お祝いなんて一度もしなかったのですが、今年は結婚20周年ということもあり調べてみたら、式を挙げた日を記念日とするとあり、めでたく1月が記念日となりました。

 「そうかぁ、20年かぁ・・・。」と、感慨深げに言う夫。
 お互い、人とつるむのが得意ではないタイプなので、こんなに長い間付き合いを続けられたのが奇跡のようです。
 マイペースを保つことに互いに躊躇がないのがコツだったのかもしれません。
 仕事でも何でも比較的好きにさせてもらっています。
 おかげで、我が家の生活のペースはとても誉められたものではなく、帰宅時間にあわせての夕飯は日々10時過ぎ。休日に8時ぐらいに夕飯となると、思わずみんなで拍手物です。
 おまけに、我が家は夕飯は基本全員集合なので(なんたって庶民なので家族一緒が生活の基本になっています。)、みんな文句もいわずに夕飯を待ちます。
 最近は疲れ気味の自分を見かねて、夫が家事を色々とやってくれるので、とてもありがたい。

 お祝いにケーキを買おうかということになり、車で出かけましたが、夫はやたら遠回りをして、昔住んでいたアパートやらその近辺をミニドライブ。
 まわりは変わっているのに、はじめて住んだアパートがそのままにあるのはちょっと驚きました。
 まだ小さかった娘を連れて保育園へ通った道やら何やら、ああ、やっぱり20年たったんだなとしみじみ。

 ケーキは、その当時まだ全然有名ではなかったリリエンベルグというケーキ屋さんで、リリエンベルグという名のチョコレートケーキを購入。
 1988年開店のこのウィーン菓子のお店は、結婚当初に見つけ今に至るお気に入りのケーキ屋さんです。昔はそんなに混んでいなくて、喫茶部にも簡単に入れたのですが、いまや行列が当たり前の店になってしまいました。

 いつもどおりの夕飯の後、ケーキで20年をねぎらいあいました。今まで一度もそんなお祝いをしていなかったので娘にはピンと来なかったらしく、ケーキを一口食べて、「ああ、そうか。おめでとうございます。」の一言。

 とり当ててのことでないことが意味なのかもしれないななんて思います。
 明日が特別の日であっても、所詮は今日の次の日、今日の続きであるように、今の一つ一つを確かに積み重ねることに意味を持ちたいと思うのです。

 結婚20年は陶器婚式なんだそうです。
 夫は、「次のお祝いは20年後だね。」と言います。
 それまで、お互い長生きしないとね。
 健康第一。まだまだ続く山あり谷ありの人生、頑張っていきたいです。


                            ブログランキング参加中です。
                            ご祝儀にポチ、よろしくお願いします。



読んでいるはずないMI--ちゃんへ

 MI--ちゃんへ


  言葉が届かない
  泣いてる貴女の心は閉ざされている
  言葉は傷つけるためにあるのではないのに


  演ずることを嘘の道具にしないでください
  演ずることは心を隠すことではないので
  演じている貴女の姿は痛々しい


  いいよと言う貴女がいる
  何も良くはないのに 発する言葉さえ嘘にして 貴女は言葉を口にする
  心を納得させるのは至難の技



       伝えたい 伝えたい 伝えたい
       貴女の心を楽にするために
       そのために 私は今ここにいるのに




 久々で、本気で怒りました。
 むかついたという表現は、あまり当てはまらない。
 いえ、むかついたことはむかついたのでしょうが、相手の言動にむかついたのではなかった気がします。
 自分を確かめるために、人を使ってはいけないんだよ、ほしい言葉は素直にならないともらえないんだよ、背伸びした振りは痛々しいだけだよ・・・・、伝えたかったのに伝えられなかったはがゆさが残ります。
 対峙していて、切なかった、つらかった、痛々しかった。
 その想いが、怒りとなったのでした。
 私がここにいて、貴女と向かい合っていることを、心で気づいてほしかった。
 形ではなく気持ちを向かい合わせたかった。
 なのに、貴女のコンプレックスは、全てに目隠しをしてしまい、欲しい物が手に入らぬ赤子のように、目を閉じ、心を塞ぎ、人を拒絶する。

 わたしは知っています。
 貴女の言葉が貴女を傷つけていくことを。
 貴女の行為が貴女を追い詰めてしまうことを。

 きっと、貴女は昨日は眠れなかった。
 夢は、あなたを救ってくれなかったはずです。

 貴女自身が、貴女に本気で向かい合いなさいと、
 今それだけを伝えたい。
 生きることは、自分を慈しむことだよ・・・と。

 貴女の笑顔が好きなので。




               



  

  
  

ソニータイマー発動!

 演劇サークルは、秋の発表会目指して追い込みかけてます。

 長い作品ではないし、既成の脚本を使っているので、すごく難しいわけでは無いのですが、人数少ない上にほとんどが素人さん
 よそからコーチに来てもらう手はずを整えたのはよいのですが、たいして行けないよという言葉を信じて、何人かにお願いし予定を組んだら、みんな良い人で、忙しいのに月に何回か来てくれそうな様子。正直、ブッキングしそうでヤバッて感じになっています。
 ありがたいです、本当に

 出演の皆には、来てくださった方の いうことはきちんと聞くこと、人によって違うことを言われても、その時はとにかくやってみる、最終的にサークルの演出家がおいしいとこ取りで仕上げるので、素直にいろいろやってみなさいと言ってあります。(一番の悪人は、私?)

 で、百聞は一見に・・・ということで、練習風景をビデオにとろうと思っていたら・・・・・

 レンズに何も映らない!!

 娘の文化祭のビデオも撮れない!!!


 ビデオは今、病院です。
 直らなかったら、しばらくビデオは無しの生活です。

 買ってまだ2年半なのにぃーーって、グチグチ言ってたら、夫が

「メーカー、どこ?」
「え? ソニーだけど。」

「買って2年でしょ。 ソニータイマー は正確だね。」

    ( ソニータイマーって・・・って思ったら続きを読んで )
 


テーマ:ありのまま日記
ジャンル:日記

香りで感じる秋です

 仕事が忙しい。
 日々、追われるように仕事をしています。
 家に帰れば、夕飯作って食べて、後はトド状態
 男の人がやったら、家族から粗大ごみとか言われちゃいそうな、帰宅したら飯食って風呂入って寝るだけの状態です。
 
 幸い(?)、まだ秋の新番組がやっていないので、心残りなくトドになっています。

 そんなだから、季節を感じるなんて余裕はなかなかない。
 でも、昨夜、車を降りたら感じました。

 金木犀の甘いにおい

 秋です。 
 ああ、そうか、もうそんな季節なんだねと思いました。

 香りで季節を感じる事が多いです。
 でも、全然優雅ではない。
 だって、なんとなく食べることと直結している香りだから。
 
 春。我が家の周りには、八重桜  がたくさんあるのですが、ソメイヨシノが終わると咲き誇るこの桜、桜独特の香りがします。桜湯のような桜もちのような・・・
 それが終わると、スーパーの野菜売り場の入り口から、なんともいえぬ の良い香りがして、、あぁ、そろそろ梅雨ねと思います。青梅でお菓子作って、梅酒つけて、梅干作って、あぁ梅ジュースも造らなくちゃと思います。

     ( 金木犀はどうやって食べるか、疑問に思ったら続きを読んで。)


テーマ:果樹
ジャンル:趣味・実用

庭、立ち入り禁止です!

 チャドクガ! 来襲!!

 我が家はマンションの1Fで、小さな庭がついています

 そこにあるマンションの共用部分としての花壇には、入居当時から山茶花が植わっています。

 山茶花は椿科!

 チャドクガがでやすいのに何故!?

 と聞いたら、管理会社の人が 「 ああ、山茶花は椿みたいにはつきませんよ。大丈夫。 」
って言ったんです。
 素直な私は信じましたよ。

 うそつきーーーー!!!

 共有部分なので、マンションの自治会で消毒植栽は行っていましたが、昨年ちょっともめて、大規模修繕のためマンションの自治会の出費を抑えましょう、そのためには庭の植栽消毒は各自でやってもらいましょうってなことになり、「共有部分だから仕方ないと思っていたけど、だったら山茶花抜いていい?」と聞いたら「もう、お任せする以上、好きにしていいんじゃないですか。」という、自治組合のお答え。

 ホントかよ。
 だって、そこってマンションの共有部分でマンション全体の財産部分でしょ・・・と思ったけど、ガーデニング好きから、「うちはそれで結構。」なんて言われて、結局、そうなってしまいました。

 我が家には、枯れた山茶花の変わりに、百日紅とゆすらうめ、雪柳が植わっています。
 春は忙しすぎて何も出来ず、夏の間は選定向きでなく、秋に百日紅の花が終わったらやろうかなと考えていたら、出ました、チャドクガ!

 消毒を行わなくて、剪定をあまりやらないと風通しが悪くなって、発生しやすくなるらしい。

 チャドクガ!!

 かぶれるんです、あれ、すごく。
 まして、虫さん系は苦手な私。聞いただけで鳥肌たって、肌が痒くなりました。
 かぶれは、毛虫の細かい毛が飛んでもおこります。

 あわてた自治会が、先行ということで消毒をしてくれるらしい。
 でも、流れでは費用は一階住人で払えよになりそうで嫌です
 芝生と自分が植えた木の剪定管理はいいけど、共有部分でこれ嫌って言ってたものの管理、しかも最初は、共有部分だから他のものにかえてはいけないと言われていたものの管理に、にっこり笑って金出せるほど裕福ではありません。

 あぁ、また自治会でもめそうでいやだなぁ。

 さて、庭には口は出すけど手は絶対出さない夫。(庭仕事は嫌いらしい。)私が育てているハーブに青虫がぁと騒いでいると、「自分たちが食べない分はあげとけばいいじゃん。」と寛容なお言葉。
 知ってるよ、実は虫をとるのが苦手で、その後始末をしたくないからだよね。
 私だって、苦手なので、ぶどうの樹につく茶色い青虫(?この言い方は変。でも毛が無いので毛虫ではないよね。)を見つけると、のってる葉ごと切って、地面におきます。後は鳥さんかありさんたちが始末してくれるので、一日そのまま。だって、やっぱり殺すのやつぶすのって嫌なんだもん。でも、夫と娘は残酷と責めます。
 だったら、君たちやってよと叫びたい私。

 その夫が調べました、チャドクガ
 「山茶花、普通にチャドクガつくじゃん。」

 で、「知ってる?」「何を?」
チャドクガって、集団性が強いんだよ。」

 何でも、チャドクガは一枚の葉にみんなでついて、よってたかって食べた後、一匹が何かのきっかけで動くとみんなぞろぞろ後をついていき、次の葉へお引越しというような習性があるらしい。

 話だけ聞くと「ペンギンみたぁーーい。」なんてなりますが、ものが違うと「写真を見ると、すげぇ気持ち悪い。」そうで、ペンギンだと写真集だって売れるのに、生まれついての差って、こんなとこにもあるんだねって感じです。
 
 ともかく、発生は我が家だけではないので、自治会が一階の消毒を全てとりあえず行うそうです。
実施日は11日。というわけで、しばらく庭には入れません
実は、こわいもの見たさで何回か山茶花のそばに行ったのですが、1メートル以上近づくことを本能が拒否して、チャドクガは確認していません。

 まぁ、話次第では山茶花引っこ抜いてとも思っています。

 虫がだめな人は、この話だけでもだめだったかも。
 でも、自然との共存って、良くも悪くもこんなことありますよね。

 晩秋になったら植木屋さんを頼もうと思っている我が家です。 
 

テーマ:今日の園芸
ジャンル:日記

ビデオの選別

 DVDレコーダーが直って、戻ってきました!

 さて、本も整理しますが、ビデオも大々的に整理します。
 時代はDVDだろうということなので・・・、本棚三段分のビデオを整理し、いらないものは捨てることにしました。

 表題のついていないのは何が入っているかわからず、もう、そのまま捨ててしまうことにしました。

 問題は、古い映画です。
 レンタルできるような有名どころはいいんです。
 ちょっとマニアックな作品が困る。

 『チゴイネルワイゼン』だとか『陽炎座』だとか『ななかまどのうた』とか・・・。
 
 DVDにおとして持つのもかまわないのですが、今後見るかといわれると、非常に怪しい。
でも、捨てたらそこまでと思うと、捨てられないぃ!

 TVのドキュメンタリーも、結構ありました。
 これも迷いどころ。
 映画より手に入りにくい物なので、常時使ってはいないものの、仕事に関連したものも結構あって・・・。

 結局、組み立て式コンテナのかご一杯分、熟考のために残してあります。
 これから毎日、再チェックをして、残留分を決めていきます。

 あぁ、仕事も忙しくなるのに、暇じゃないんだよと心で叫びながら、今週一週間は迷いの週となりそうです。
 

夫の失敗

 突然、夫が叫びます。

 「お菓子を作る!」

 夫は調理は好きらしい。でも、日々の地道な料理は面倒くさいらしい
 夫は、どんなに遅く帰っても必ず家で食事をします。メニューがどんなに手抜きでも文句言いません。自分が夜の10時過ぎに帰って、これから食事の支度なんて言っても、文句一つ言うことなく待っていて、出されたものを平らげます。

 ありがたいんだかありがたくないんだか

 調理できるなら、先に帰宅したときは自分で作れよと思うし、手抜きや遅すぎる夕食に文句をつけない寛容さはすごいとも思うし

 夫の得意は、もてなし用の酒の肴系無国籍料理。
 
 手抜きを容認している夫だが、自分が作るときは手抜きは嫌らしい
 
 出汁からきちんととっています、鰹節と昆布で。レトルト系は使いません。社交的会話が苦手で下戸の夫は、客の相手よりは台所のほうが居心地が良いらしいので、客人が来たときの酒の相手は、専ら私が行います。まあ、役割分担ができているって事ですね。

 そんな夫は、 時々無性にお菓子が作りたくなるらしい
シンプルでオーソドックスなものだけど、やっぱり手を抜かないものを作りたいらしいです

 得意(?)は、折パイのアップルパイ。手の温度が高めの夫は、折り込んでは冷蔵庫で寝かせを半日繰り返して、けっこうおいしいパイを作ります。ここ数年、バレンタインのお返しはこれでした。

 今年は、何を思ったか和風になりました。
 うえ三分の一が桜色のきれいな水羊羹
 試作をして、色と甘さの調節をして、ベターな作品を、職場に持っていきました。(ベストは出来ていないんです、まだ。) 好評でした。
 当然、私が作るあんこ物と違い、小豆からあんを作っていました。(私は、あんを買って来て汁粉や何かを作ります。) 

 その夫が、最近ケーキ屋のショウーウインドーをのぞいては考え込んでいる。
 なんだろうと思っていたら、

「梨でお菓子が作れないか。」

「あるよ。梨のコンポートをのせたタイプのが。」と答えると、
「それは洋梨だろ。幸水とか豊水、長十郎梨を使ったのは、なぜないんだ。」

「合わないんじゃないの、ケーキに。甘さとか固さとか・・・。」と答えたものの、納得しかねる様子の夫。

 夏に義父が持ってきてくれた白ワインがあったのが仇となり(?)、結局デザート用の梨を、コンポートに煮込んでしまいました。

 ンンンン・・・・。
 微妙な味でした。梨もワインも砂糖も、みんな主張を引っ込めていないような味。

 かくして、夫は 
「日本の梨はケーキ向きではない。」と納得 の様子となりました。

 多分、そこを研究してケーキ用に工夫できればパティシエにもなれるんだろうけど、失敗作を食べさせられるのもねぇ・・・。

 今、冷蔵庫の中には中途半端な豊水のコンポートが入っています。あと3日ぐらいすれば、こころおきなく捨てられるだろうと、「食べちゃっていいよ。」という夫を横に、じっと時を待っています。

 夫! 秋だからさ、果物一杯のタルトを今度作ってくれるとうれしいなぁ。 よろしくねぇ!!

ハム太郎の水筒、使っています

 毎日、車で出勤します
 通勤時間は1時間強。

 車の中には、小腹がすいた時用にちょっとした御菓子(ガムと飴)と、ねむ気覚まし用のサキイカとドリンク剤が常備です。
以前は、チョコも入れておいたのですが、溶ける溶ける、とても食べられません。

 で、朝は、お弁当のついでに作った一口おにぎり二つと、

冷たいドリンクの入った水筒
が加わったりします。

(一口おにぎりを、ホントに一口で食べてしまうのでやせないのか?)

 この水筒、娘が小学校に入る前に購入した、ハム太郎の冷水用ストロー付き。運転しながらでも、こぼすことなく飲めますし、とても便利。
 
 それを職場で洗っていたら、「あらぁーー、ずいぶん可愛いもの使ってんのね。」と言われて、改めて見れば、確かにおばさん年齢の人の使うものではないかも・・・という気が・・・。(あぁ、どうせ私はおばさんです。)

 でもね、でもですよ。
我が家には捨てずに使っている、残ってるってそんなものって、たぁーくさんあるんです。

 お弁当箱も、自分のだけでなく娘の保育園時代のものもみんな取ってあり、小さな分だけ、デザート入れに使ったり、おにぎりにおかずっていうときに使い勝手が良かったりしています。

 そういうことってないですか?

 ちなみに、実家の洗面台にある歯磨き用のコップは、私が幼稚園のときに使っていたピンクのアルマイト製。トトロの中に出てきそうな代物です。(小学校の水道に、チェーンでつながっているようなの・・・わかるかな)

 捨てられない。とにかく捨てられない

 捨てられない最たるものは、だんなが独身時代に彼女にもらった手編みのセーター。なんだか想いが(恨みじゃないよ)感じられて、むげに捨てられない。

 だいたい、もらったものは捨てにくいですよね
 おばあちゃんお手製の子どもの洋服も、捨てられない。
 買った品は、お下がりでいろいろな人にあげたけど、もらったものは捨てられない。
 おじいちゃんお手製の機械編みのベストも捨てられません。

 かくして、整理整頓はどこの話って状態です。

 実は、ソファーが来たを書いたときに宣言した本の整理もまだ全然出来ていません。
 ああ、「もったいない」の精神は、家を使えないもので埋めていく・・・なんてはずはなく、
実は有効活用できていないだけの話です。

 近日中に本を何冊か売ります。
 ハム太郎水筒や昔のお弁当箱は大事に使います。

 そうして無駄を少しずつそぐように落としていって、

何年後かにはシンプル イズ ベスト の生活にしたいなぁ。

 でも、ダンナのセーター、当人は絶対着ようとしないんですが、どうしましょう。
 今年の衣替えまで、悩んでみたいと思います。


薬と縁を切りたい私

 今日は明け方に 喘息の薬 を飲んだおかげで、一日中口がまずかった。

 ちっさい頃から病気がちでした。でもって、今だ薬とは縁が切れません。

 薬飲んで楽になるなら飲んじゃいますよ

 バックの中に、喘息の薬と頭痛薬と風邪薬とアレルギー性鼻炎の薬、目薬は常備です。

 喘息は気圧の変化と埃に弱く、梅雨時と秋口は出やすいし、お掃除のときはマスクをつけていないと、アレルギー性の鼻炎状態がひどくなり、そのまま喘息のおなじみのヒューヒューの音が咽喉の奥から・・・。

 そのままにしとくのは、ホントにつらい。
 咽喉をかきむしりたくなるような衝動にかられます。

 だから、基本的に無理をしたくない。 
薬でおさまるなら、飲みますよ。

 頭痛も偏頭痛で、医者に我慢する事が意味にはならないといわれました。喘息の薬もらうときに、頭痛薬ももらって、こちらも我慢しません。

 人間健康が一番だよなぁ・・・ って心底思います。

 今日、献血センターの横を通りましたが、ああ、今朝薬飲んだんだっけと思い、自分は輸血されても血を返せないのではと、マジ思いました。
 悲しい

 健康診断の結果は良くても、実は運動はドクターストップに近いものがあります。ちょっと肉体的に疲れると、喘息が出やすくなり、歯が浮いてくるので。ホームドクターのみならず、歯医者にも、運動はウォーキング程度でといわれています。
 おまけに、腎臓が弱い。むくみはさして見られないけど、疲れてくると膀胱炎。もっと疲れると、急性の腎炎です。腎臓きれいにするために、紅茶とビール飲みまくりです。

 ダイエットを運動でって誰の話やねん!?

 病気のデパートというほどすごくないけど、どこぞの小さなスーパーくらいの情けなさです。

 実は今日は 夏バテ です。

 食欲はないし、だるい。熱はかったら、きっとあるよ状態。帰りの車の運転はちょっとフワフワして危なかったです。
 
 今日の夕飯は、手抜きで、海鮮丼に市販の卵豆腐、唯一の手作りは、キュウリとワカメの酢の物です。半分以上を娘が手伝ってくれる(はずな)ので、お礼のデザートを、果物とケーキで冷蔵庫の中に用意しました。

 この後、寝ます。
 皆様、残暑ってか、ムシ暑い日が続きそうです。
 お体、ご自愛くださいね。

フリーエリア

募金で救える命と未来 クリックしてください 募金サイト イーココロ!

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログジャンキー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクアリウム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。